海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
2013年10月29日 (火) | 編集 |
大学院のクラスが一段落、、

授業のタイトルは 絵画、アートにおけるエロスと暴力...

なんだかなぁ あまり乗り気ではありませんでしたが これが思いのほか良かった

先生のテキストや口調というのか間というのか 居心地のよいテンポで すごく聞きやすかった



女性器の大画面を前に ごくごく真面目に淡々と解説する先生と生徒の関係があまりにシュールで

笑ってしまったり

締めは ウ○コの哲学というタイトルで けっこうな数のアートなウ○コ作品を見た

ちゃんとSMなどについても 学術的にカテゴリー分けがきっちりしてて

日本からは写真家のアラーキーがちゃんとエントリーしていたのでした。



それで授業の一環として見た映画がこれ











大島渚  愛のコリーダ









 阿部定(あべさだ) 32才



阿部定事件(あべさだじけん)は、仲居であった阿部定が1936年(昭和11年)5月18日に東京市荒川区尾久の待合で、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件....





なのであるが、 いや この映画はスゴイな

今みても 色あせてない

エロスの本質をついているのでした

ぜひ完全ノーカット版でみてくだしゃい






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック