海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月07日 (金) | 編集 |
ネコを飼っているし、作品でもたまにネコをモチーフに制作しているけど

ボクはネコが苦手だ...

なぜか気になる存在なのになーぜ苦手なんだろ?とふと思い返してみた

思いついた原因はコレ↓




0179 猫岳の猫 por nihonnotakara1977

猫岳のネコ





幼き頃に土曜日の午後からTBSでマンガ日本昔話という番組でこれを見て以来 猫が苦手になってしまった

夜に根子岳で道に迷った旅人が宿を借りて、風呂に入ろうとすると、昔飼っていたねこがでてきて、風呂に入ると猫になるとかいって、早く、逃げてくださいとか言う話なんですが まぁ 当時は怖かった~~

風呂につかると毛むくじゃらになってネコになっちゃうらしい

ハゲにはとんだ朗報であるが... いやいや...

でもなんでこんな話があるんだろう?と ちょっと考えてみた。





その1



猫岳(根子岳)の形、様子がちょっと怖い...







たしかに...ちょっと尖がってるもんね... うむむ

きっと先人達の自然に対する畏敬の念からくるイマジネーションなのですが でもなぜネコなんだろう...







その2



どっちかっていうと犬より猫の方がミステリアス





おりゃっ きっ..キャラ的にそうなんかい?







プププッ 十二支にもあぶれてネコさんって可哀相ね





ある日消えた猫たちはぜーんぶ根子岳に集結してるらしい

すげーな~~

猫の山か~ 

メモ代わりに つづく...


















スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。