海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年02月14日 (月) | 編集 |
美術大学の始まりはフランス、ナポレオン皇帝からと聞いております

定かではありませんが、ここメキシコでも大体のところ美術教育は西洋美術をまずは学ぶことが前提となっています。

二次元である紙の上に三次元の空間を再現する方法を学ぶ…といいますか

奥行だったり、陰影だったりと立体的なとらえ方を学んだり、いろいろです。

でも常日頃、やっぱりそういうのに憧れたり、追いかけたりするより何かオリジナルな教育方法を考える必要があるんじゃないかな?と 思っています。

それで色々な方々に教わった紙漉きを授業に取り入れました。

ここチアパスはいろいろな自然の素材が豊富ですし

まだ手探りですがちょっとづつ試行錯誤中です






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。