海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年05月12日 (木) | 編集 |
大学の授業で主に基礎デッサンを受け持っております。

日本語では→素描(そびょう、すがき)、デッサン(フランス語: dessin)、ドローイング(英語: drawing)



本来 2次元の事を表現する場合に必要な基礎 を勉強する授業です。

最近は日本のマンガ・イラストが人気で それを勉強したい人がちらほらと..

それで昨年ぐらいからペンタブレットの練習を









結構電子化が進んでおりますが 自分なりに程よいバランス探し









これは藁半紙にクレヨンで 10分くらい  直接モデルがいるとまだ なんとかなる感じで...







これがペンタブで 昨年の5月  慣れないというか 形になりましぇん









今年の3月  線を重ねて形を探しております









5月  少し シンプルに形を決めれてるかな





絵画の為の素描だと 肉眼の視覚、みたままとか それに想いを込める感じとか色々あるんですが

マンガ・イラストの場合 簡略化 デフォルメ 記号化と いう方向性かなと思います。

ルールが違うので 戸惑っておりますが  その練習方法やロジックをちゃんとプレゼンできれば

多分 もっと日本の文化も 中南米で正しく伝えることができるかもしれません。






[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。