海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年09月16日 (月) | 編集 |
授業でここトゥクストラ市内を流れる川をリサーチ

上流から下流へ 車で 5か所ほどまわったのでした







市内近くなのに 樹齢500年?くらいの大きな木が 川の中に ボンボン聳えていて 

美しい景観はたくさんあるんですが、 問題は川の水..

生活排水が垂れ流しで ちょ~~くさいし ゴミが多いしで なんがげんなり...







ペットボトルがくーるくるっと~♪









今回スペインから来た博士.. 巨木はまず抱き着いて感じることから...









ちょうど川の真ん中付近   川辺に住む子供たちはみな逞しい







落雷でくりぬかれた巨木   造形的です♡





なんか作品よりもまずは川の掃除とか もっと実務的な行動が必要に感じました。

自然の循環に 都市がどんなふうに溶け込めるかとか

そんなことを ちょっとフワフワ~っと まだ考え中です...
[READ MORE...]
スポンサーサイト

2013年09月15日 (日) | 編集 |
こちらの大学院に提出する書類で 日本の高校と大学の卒業証書と成績証明書が必要なのですが

それにアポスティーユが必要なのでした...



~ アポスティーユ (Apostille) とは~

「外国公文書の認証を不要とする条約」(ハーグ条約)が定めているもので、駐日領事による認証に代わり公文書に外務省、公証人役場等が実施する付箋による証明のこと。



...要するに外務省の印で この文章はウソではありましぇーん といった感じでしょうか



1)本邦公的機関の発行する公文書に対して外務省の証明が必要となる場合

公的機関 → 外務省



2)本邦公的機関の発行する公文書の翻訳に対して外務省の証明が必要となる場合

公的機関 → 公証役場 → (地方)法務局 → 外務省



3)私文書に対して外務省の証明が必要となる場合

公証役場 → (地方)法務局 → 外務省



私の場合ですと私立大卒なので③に該当するのでした。

地方の場合ですと 1枚につき15000円くらいらしいです

うーーむむ と色々調べた結果

神奈川、東京に限り ワンストップサービスなるものがあり

公証役場に提出するとその日のうちに外務省の印(アポステーユ)まで取れるとのこと

それで 提出先にもよるのですが その卒業証明書などのコピーを持っていけば

1枚 5000円で 発行されます。



今回は 義理の母に手伝っていただき  なんとか無事に提出できそうです。(感謝でございます...)

半年遅れて ちょっと危なかったとです....








[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。