海外・メキシコ南部の風景や生活習慣。 アート関連・美術や音楽 
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年02月14日 (月) | 編集 |
美術大学の始まりはフランス、ナポレオン皇帝からと聞いております

定かではありませんが、ここメキシコでも大体のところ美術教育は西洋美術をまずは学ぶことが前提となっています。

二次元である紙の上に三次元の空間を再現する方法を学ぶ…といいますか

奥行だったり、陰影だったりと立体的なとらえ方を学んだり、いろいろです。

でも常日頃、やっぱりそういうのに憧れたり、追いかけたりするより何かオリジナルな教育方法を考える必要があるんじゃないかな?と 思っています。

それで色々な方々に教わった紙漉きを授業に取り入れました。

ここチアパスはいろいろな自然の素材が豊富ですし

まだ手探りですがちょっとづつ試行錯誤中です






[READ MORE...]
スポンサーサイト

2011年02月03日 (木) | 編集 |
こちらメキシコの美術大学で美術を教えています

上から大まかなテーマを与えられて各 先生が授業の内容を自由に決めています。

間違って彫刻、立体造形を教えることになってしまい、いろいろ考えた結果 仮面の制作を

仮面はメキシコにおいて重要なファクターなのではないか?と直感が閃いたからなのですが…

おおまかな流れは

1.仮面の歴史を調べる (それぞれの仮面の成り立ちや意味、背景、あとお祭りで使うのか?演劇で使うのか?などなど...イメージを膨らませる)

2.生徒が各自 自分の顔の型取りを行う。 自画像制作 (自分と向き合う)

3.そのベースを基に今までに見たことのない新しい仮面を制作する。

っといった具合です。



授業である生徒がここチアパス州のパレンケ遺跡にあるヒスイの仮面の写真を持ってきました。



 ヒスイは高価なので 代わりにこちらで売っているビールを提案しました。 緑色の瓶に入っていたので。 



授業中に急いで近くのコンビニで買ってきたのですが、飲めないらしく、代わりに僕が飲みました。  次にさぁ割ろうと金槌で割ったのですが破片が飛び散ってうまくヒスイの仮面のように隙間が埋まりません。 う~んとまた考え、ガムテープをビール瓶に巻いて割ったらどうかな?と提案。 また彼は コンビニでビールを買ってそれを僕が飲み、再度挑戦…. すると瓶の破片は飛び散る事なく きれいに貼り付けることが出来ました。



授業の理想は生徒と対等な立場で相手が発見したことに対してこちらもある閃きを提案して今まで見たことのない作品がうみだせないだろうか…っといった具合です。

最終的に展覧会を開催し、作品と社会との関わりみたいなことも考えられる機会を設けています。



ダメな時は全くダメ….なんですが、以前よりはちょっとずつ打率が上がってるような、今日この頃です。



 







 


























[READ MORE...]
2011年02月02日 (水) | 編集 |




今年は年末、年始から動かず のんびりすごしておりました。

youtubeでメキシコ関連の動画チェック 

藤井巌喜さん おもしろかったです

メキシコレポート、いろいろ当たってます

肥満率がアメリカを抜いて世界1位になったそうです

知りませんでした

薄々なのですが、ちょっと太った方 多いいなぁって感じでしたが....

まさか世界1位とはね.......

あと麻薬カルテルによる治安の悪化も問題です

主に 北の方で一般市民が銃撃戦に巻き込まれたりなどなど



現在住んでいるのは南の国境に面する州なのですが

ここ1年で検問所にいる警備が倍くらいになっていたり

よくこまめにチェックされている様に感じます

そのためか かなり安全に何事もなく 過ごせています。


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。